RECOMMEND

ENTRY
LINKS
OTHERS

デンジマン

戦いの海は 牙でこげ
かなしみの海は 愛でこげ
小さな命を 守るため
愛と勇気の 炎を燃やす
<< 僕はデビッドです | main | ねぇねぇ、よっすぃ。ガッタスは3の次でいいと思うんだけど… >>
スポンサーサイト
(- ; - ; -)

一定期間更新がないため広告を表示しています

寝坊したって得する日はあるものだね
(ハロプロ ; comments(0) ; trackbacks(0))
よしごま

今日は、普通に寝坊した。
けどまあ、特に急ぎの仕事もなかったし、ダラダラと暢気に出社。
いつものように、電車の中ではipodで小説読み、BGMは色んな曲をシャッフル再生。
今日読んだのは、雪ぐまさんの「かわいいあの子」(タイトルあってる??)。
ナース石川、かわいい患者はごっちんに片思い中の吉澤ひとみ。
いしよしもあり、よしごまもありエロもあり…。

電車降りて、ボーと歩きながら玄関口に到着。
車が止まってた。
大抵はバイク便だったり、タクシーだったり、搬入車だったりが多いのに、普通の車が止まってた。
で、その車から降りてきた女性と目が合った。

細身のジーパンに、紫のセーター、クリーム色のストールを肩に掛けてたその女性は、ごっちんだった。
もちろん、にっこり微笑んでくれるわけでもない。当たり前だ。

目が合ったのはほんの一瞬。
彼女は、スタッフらしき人と建物に入っていった。

ごっちんがいたことにも驚いたが、ついさっきまで「よしごま」を読んでいたから
えらくドキドキしてしまった。
ゆえに、建物に入っていく彼女の後姿まで目で追うことが出来なかった。

入り口で鍵を借りて、中に入る。
エレベーターはちょうど着いたところだったので、ラッキーなんて思いながら乗り込むと、
クールな表情をした彼女にまた会った。

私は、イヤホンをはずし、ポッケに入れてたipodカバンに閉まった。
音が漏れることはないだろうけども、「Shall We Love?(藤本美貴ver.)」
彼女の近くで聞いてるのはちょっと恥ずかしかったから。
ついでに、携帯をマナーモードにした。
うっかりメールが届いて、「気がつけばあなた」が鳴り響いてしまったりしたら、
『なんだよ、あいつ、あやみきヲタか』
なんて、在らぬ誤解をされてしまうかもしれない。
私は吉ヲタだ。いしよし、みきよし、よしごまはありでも、あやみきはないよって
心の中の人が必死に言い訳をしたりしなかったり。

彼女が降りるとき、また目が合った。
もちろん微笑んでくれるわけでもない。
やっぱ「いしよし」より「よしごま」がいいよねなんてCP論争するわけでもないし、
意外と今は、あやごまがお薦めなんだよって教えてくれる訳でもない。

ごっちんは無表情のまま視線を外し、エレベーターを降りていった。

そこでようやく思い出した。
そういえば、ごっちん病み上がりなんだったなぁと。
別に先に思い出してたところで何が出来るわけでもないのだが。

うーん。
やっぱり、後藤真希はクールな人だなぁと思う。















うぎゃぁ、「指」録画忘れた…。
スポンサーサイト
(- ; - ; -)









http://denjiman.jugem.jp/trackback/25