RECOMMEND

ENTRY
LINKS
OTHERS

デンジマン

戦いの海は 牙でこげ
かなしみの海は 愛でこげ
小さな命を 守るため
愛と勇気の 炎を燃やす
<< いっちぃ〜のつぶやきには不足の点が多すぎる。だが、それがいい。 | main | だいぶハンヲタとアンヲタの区別がつくようになったな >>
スポンサーサイト
(- ; - ; -)

一定期間更新がないため広告を表示しています

一年ぶりくらいの更新ですが
(HANGRY ; comments(0) ; trackbacks(0))
いやぁ、楽しかった。
HANGRY&ANGRY-fのライブ。
ドリムスとはまた違った良さがある。
スタンディング…あっ、アンさん風に言うならばスタンドはマジ良いよね。
アンさんはスイッチがたくさんあると言っていたが、
私にもたくさんのスイッチがある。
同じ盛り上がるでもハンアンのスイッチが入ると尋常ではないパワーが出てくる。
特に昼はすげえ場所だったから、
何がなんだかわかんなくなるくらいに盛り上がった。
夜は夜で段差のある場所の真ん中。
全体が見渡せて、会場みんなの盛り上がりを含めて楽しめた。

ちなに私がライブ中に後ろを見て盛り上がってしまうのは、みんなに「楽しいよな!」と、共感したいからなのだ。
周りの方々の足を踏んでしまったり、
頭を殴ってしまったりと迷惑かけてしまうのは大変に申し訳ない気持ちでいっぱいなのだが、

私は楽しすぎると心の底からはしゃいでしまうのだ。

ライブ後、夜のみ握手に参加した。
ハンアンに言いたいことは、感謝の言葉だけだ。

タオルをほっかむりしたままハングリーに、
「すごい良い運動になった。ありがとう、楽しかったよ」
と伝えたら、ハングリーが吹き出しなかがら指さして、
「すごい盛り上がってくれてたよね」
と言ってくれた。

嬉しかったな。
無邪気に楽しんでいる姿を見ていてくれたことが。
みんなと共感したかった「楽しいよな?」を、
ハングリーとも共感出来た気分だ。
幸せだ。

ハングリーの言葉に驚き過ぎて、
残念ながらアングリーにはフニャフニャしながら握手することしか出来なかったけども。

でも、去年のライブより、
なんか更にアングリーのことが好きになった。
表情がいい。
楽しんでいる表情が。
トップシークレットのカクカクアングリーが最高に好きだったけど、
ライブで盛り上がるアングリーも大好きだ。

今、足が痛い。
肘にも夜公演の場所にあったテーブルでぶつけたアザがある。
腕も痛い。
だけど、心地よい疲労感で満たされている。

次にハンアンに会えるのはいつだろうか?
吉澤ひとみもいいが、
HANGRYにもっと会いたいな、と願ってしまうのです。
スポンサーサイト
(- ; - ; -)









http://denjiman.jugem.jp/trackback/179