RECOMMEND

ENTRY
LINKS
OTHERS

デンジマン

戦いの海は 牙でこげ
かなしみの海は 愛でこげ
小さな命を 守るため
愛と勇気の 炎を燃やす
<< 私が私を自賛する回 | main | 悲鳴をあげてみたい >>
スポンサーサイト
(- ; - ; -)

一定期間更新がないため広告を表示しています

ベルリンの赤い雨
(その他 ; comments(0) ; trackbacks(0))


子供のころから、超人の中でブロッケンJr.が一番好きだった。
理由なんて考えずに、ブロッケンJr.が好きだった。
どこが好きだったんだろうかと、今になって思う。
このおっさんみたいな男のどこが。
顔だって、死人みたいじゃないか。
これでも十代なのだけれども。

いいところを探してみたのだが、それでも惹かれた理由が見つからなくて。
ずっと考えて。やっとわかった。
私は、彼の内面に惹かれたのだと。
残念ながら、ブロッケンJr.にお会いしたことないのだけれども、
ジャンプの中や、日曜日の朝、テレビで見かけるだけだったのだけれども、
彼の心に宿る強さに惹かれたのだ。
父を殺したラーメンマンを憎むのではなく、尊敬する彼に。
私は惹かれたのだと、今日、キン肉マンを打ちながら思った。
だから、ボーナス選択できるときはやはり、ブロッケンJr.を選択するのであった。
スポンサーサイト
(- ; - ; -)









http://denjiman.jugem.jp/trackback/154