RECOMMEND

ENTRY
LINKS
OTHERS

デンジマン

戦いの海は 牙でこげ
かなしみの海は 愛でこげ
小さな命を 守るため
愛と勇気の 炎を燃やす
<< 別に書くほどのことでもないんだけど | main | つ、ついにデビューだー! >>
スポンサーサイト
(- ; - ; -)

一定期間更新がないため広告を表示しています

【新事実!】ネズミはチーズを食べない
(ガッタス ; comments(3) ; trackbacks(0))
ネズミとチーズ

これを、書くことは正直、悩むし
考えることが面倒くさいなぁーとも思うんだけど、やっぱ書いておこう。
証拠としてね。自分がそのときに感じていたことの記録として。

何かに対して抵抗を感じることはよくある。
ただ、抵抗を感じ、喜べないことがあったとしても、
そこに参加する際は、楽しみたいなという思いは常々ある。
正直、私、白サイリウムには意欲的ではなかった。
こうかくと語弊があるかな。
白サイリウムが嫌なんじゃなくて、
それを「しましょうよ」という風潮が、素直には受け入れられなかったというか。
けども、自分の中ではやるつもりでいた。
実際、当日雨の中、「上州屋」まで白サイリウムを探し求めたくらいに。
「やる」と自分が決めたからには楽しみたいなという思い。
それで、結果として、白サイリウムは楽しかった。
終わった後、みんなの白サイリウムズボンに突っ込んで遊んじゃったし。

話が変わってガッタスのユニット。
抵抗を感じた。
まず第一に、知らない子たちがいたこと。
ミキティ、柴ちゃんがいないこと。
ドラリオンとやらの、スペシャルサポーターになること。
コンコン復帰には、抵抗は感じなかった。
「卒業した意味、あんまないよね」ぐらいの思い。

その次に出てきた感情は、「やれやれ」的なもの。
諦め。
あー、夏ハロかー…的な、
面倒くせぇー、行くのかー、おいー!チケットねぇーよー、おいー!
「まっ、何とかなっか!」
チケットに対しては楽観的に。参加に対しても楽観的に。

ガッタスに対する思い、正直私は薄いのかもしれない。
いや、薄いんだろうな。
試合観に行ったこともないしね。
だけど、いつだって応援はしてる。
活字だけど、スピリッツオブガッタス読んで、熱い気持ちにもなった。
話が変わるけど、スピリッツオブガッタス2を読んで、私のガッタスに対する思いは、
少し変化したんだよ。
そうだ、忘れてた。
いつかスピリッツオブガッタス2の感想を書こうと思ってたのに、すっかり忘れてた。

話を戻して、ユニットの方。
言いたいことは、正直少しはあるんだ。
いや、少しじゃないかな。結構あると思う。
だけど、吐き出す先を私はブログにするつもりはなくて、
たぶん、別の場所でリアルに吐き出していると思う。
ベロベロに酔いながら「いやぁーね、ガッタスっつーのは」みたいな感じで。
「まあ、つまりはパパ、早く『頑固一徹』続き書いてくれ」という結論につなげてみたりして。
それが、私の表現法なんだと思う。
ブログでは、ネガティブなデンジマンよりも
ポジティブなデンジマンでいたいかな。
だから常に、「楽しむことを前提としたキャラ」でありたい。
mixiというものをやっていて、そちらの日記にはこう書いた。

ガッタスの、ユニット。
結構ガッカリしてる方が多いようだけども、
私は、ちょっと楽しみにしてる。
だって、やっぱさ、
そのユニットの長が、吉澤ひとみじゃない。
リーダーって肩書きなのかな?
キャプテンなのかな?
ってか、歌活動の時は、リーダーでもキャプテンでもなかったら、
ちょっとショックだけども、
まあでも、たぶんよっすぃだよね?
ミキティ、柴ちゃんいないのは残念だけど、
リーダーな吉澤ひとみが見れるのなら、楽しみじゃないか。
歌う前はなんていうのかな?
しょい、じゃないだよね。
バモラ?
あの、エッグの子たちの中に、問題児がいたら、なおいいな。
レッスン中に、叱ったり。
あー、でもそういうのは梨華ちゃんがやってくれそうだな。
それはそれでいいじゃないか。
1曲だけで終わっちゃうユニットなのかは分からないけど、
しばらくはそれで楽しませて欲しいと思う。
スタジオゲストでバラエティ出てくれるより、
やっぱ歌やダンス、つまりはパフォーマンスで楽しみたい。
どんな形であれ、よっすぃが歌い踊るなら、
私はそれを見たいし、ともに楽しみたい。

で、よっすぃがガッタス卒業するときに
雑誌のインタビューで梨華ちゃん対談するのさ。

( ^▽^)「何かよっちゃんと私って、夫婦っていう感じだったと思わない?」

そんなコメントを見て
「あら?これってどっかで聞いたことあるセリフのような…」
と、吉ヲタたちは首を傾げるのさ。
頼んだよ、梨華ちゃん。


すごくガッタスユニットを楽しみにしている人っぽいでしょ?
これも本音であることには間違いなくて、楽しみにしてるんだよ。
痛々しい?
痛々しいのかもしれないな、そういうキャラは。
だけど、私は「楽しむ」ことを決めたら、「楽しんでいたい」人間なのだ。

そんな楽観的な私は、
分析とかが苦手で、つまりはちょっとバカなので、長文は書けるけど読めなくて。
混乱しちゃうのさ、頭の中が。
優しさが足りないのかもしれない。
相手への配慮とかに欠けることも多いはず。
だから、そういうことがあるならば、きちんと謝りたい。
その人の目を見てね。
活字じゃなくて、自分の声で。自分の思いで。

あー、これ、明日まで消さないでいられるのだろうか?
スポンサーサイト
(- ; - ; -)
消さないようにコメントしておこう。

否定的な意見は内容どうこうより、漢字が多くて難しい言葉が多くて最後まで読めない。
自分が否定的な意見を持っていたとしても、
更に落ちるから読みたくても途中で読めなくなる。
あほやから。

つか、私は吉澤ひとみを見れればソレでいいのかもしれない。
いや、良くないんだろうけど、何をするかより、無くなる方がコワイ。
| おーうぇん | 2007/06/24 12:12 AM |
漢字と難しい言葉は、私も苦手で
誤解のないよう丁寧に読む解く努力をしました。
で、理解したつもりになってんだけど、
結局やっぱ理解しきれてなかったりもして。
ただ、何というか、この件は…
文字よりも話したほうが伝えやすいんだろうなぁとは思った。
| デンジマン | 2007/06/25 1:51 AM |
同じ事思った。
文字より顔付き合せて話した方がいいよね。
的確に伝わるような文章を書くのは難しいと、毎回痛感してます。
| ナンテン | 2007/06/25 2:26 AM |









http://denjiman.jugem.jp/trackback/127