RECOMMEND

ENTRY
LINKS
OTHERS

デンジマン

戦いの海は 牙でこげ
かなしみの海は 愛でこげ
小さな命を 守るため
愛と勇気の 炎を燃やす
スポンサーサイト
(- ; - ; -)

一定期間更新がないため広告を表示しています

だいぶハンヲタとアンヲタの区別がつくようになったな
(HANGRY ; comments(0) ; trackbacks(0))
次回更新は来年の八月の予定だったのに、
状況が変わってしまった。

びじゅなび夏祭りとやらに行ってきた。
CDのサイン会は、これ以上増えてもなぁという思いから最初から諦めていたが、ライブとなれへば話は別。
Sとぅさんの告知を見て行こうと決めた。

連番者分のチケも前日にロッピーで購入。
遅刻は出来ないぞ!と思いながらも、録画していたドラマを朝まで見てしまった。

14時にムクリと起き上がり、出発の準備をしているとヒーちゃんさんからマックにいるとのメールが。
15時半前に家を出た。
地元の駅でTwitterでも見ようとカバンの中の携帯を探す。
…。あら?

携帯を家に置き忘れてしまったようだ。
まあ、マックに向かえばいっか!いなかったらいないで会場に向かえばいいさと。

新宿で山手線に乗り込んだら、反対側のドアの前だけ妙にスペースが空いていた。
最初そこに行こうと近づいたところで、異変に気づく。
なぜ、そのスペースだけ人がいないのか。
正体はそこに立っていた一人の男性の姿が物語っていた。
白いタイツ、黄色系のレオタード姿にピンクのバッグを手にした男性がいた。
体はロープでグルグルに縛られて…
みんなは見て見ぬフリをしていたが、マジマジと見てしまった。
最初は何かの罰ゲームでどっかにカメラでもあるんじゃないかと思ったが、
JRがそんなことに撮影許可を出すはずがない。
白いハイヒールを履いていた男性は、自分側の扉が開くと今度はその反対側へと移動。
で、足を開いてしゃがんだりもする。

夏だな…と、思った。

池袋に到着し西口のマックへ。
上の階でみんなを探すが見つからない。
最後の望み、地下へと移動する。いない…。
ああ、もしかしたらもう移動しちゃったかな…と一応隅々探してみたらヒーちゃんさんと芋さんがいた。
私から何も返信がなかったからまだ寝てるんじゃないか疑惑を持たれていたらしい。
申し訳ない…
しばらくして、みどりちゃんも来て、
会場へ移動。
(マックで私の隣に座ったノーパンばあさんの話は諸事情により省略します)

会場に到着するとすでに列が出来ていた。
前の方には若いバンギャ姉ちゃんたち。
少しスペース開けて、ヲタたち。
横を通り過ぎた小学生が、「前は若い人ばっかだけど後ろはおじさんだな」と呟いてしまうほど、カラーが分かれていた。

ロッカーがないため、荷物を持って会場へ。
想像以上に狭いと感じたが、キャパ250の箱に実際は150人程度だったんじゃないかな?
後ろの方はスペースにもゆとりがあった。
でも荷物持ったままのライブだとしんどいかなと思い、バンギャたちに紛れて後ろに荷物を置かせてもらった。

開始時刻を少し押してライブスタート。
最初はcrazy★shampooというバンド。
前日に芋さんが、彼らの動画をツイートしていたので、拝見はしていた。
見ておいて良かった。お陰で横移動は楽しめた。
ヘドバンも何度となく挑戦してみた。
他のヲタたちも頑張ってヘドバンしていたのが微笑ましい。
最後は何故が、床に正座させられるプレイも堪能して二組目。
個人的にはこのグループの方が楽しめた。
途中、ボーカルの煽りで客が抱きつきに行くのだが、後半は「男来い!」と私の目の前にいたヲタを指名する。
でもヲタが「無理無理無理」と拒否。
あれは行くべきだっなヲタ!
このバンドの時にかなり激しくヘドバンをしてしまい、すでに首が痛い状態となってしまった。
途中のサビ部分のパラパラみたいなフリも楽しかった。

で、三組目始まる前の段階で次が、ハンアンだと分かる。
途端に前方のバンギャたちが後ろに下がってヲタ達に場所を提供してくれた。
私の前にいたバンギャの子は、ヲタたちに「ここにいると危ないですか?」と確認していた。
ヲタも丁重に「大丈夫ですよ」と紳士な受け答えする異文化交流も垣間見た。

で、ハンアンの登場。もっと前の方にも行けたけど、色々飛び跳ねたり動き回りたいので、やや後ろの方に下がった。

レコンキスタに始まって、まさかの7曲披露。
入場するときに、pちゃんと「良くて一曲千円、また千五百円、最悪三千円だな」と話していたので、驚いた。
終わってからすぐにpちゃんは一曲辺りの金額を算出していた。

最初のMCでハンアンが挨拶していると、後方のバンギャたちは「可愛い可愛い」を連呼。
前方のヲタたちも普段聞き慣れない黄色い声援に驚いたのか振り返っていた。
ハンアンも、バンギャたちはもちろん、
おまいつなヲタたちにも気を遣ったトーク。
ハングリーのああいう気遣いには本当に惚れ惚れする。

先日の恵比寿よりも客が少なかったことや、
若干アンヲタの方が多かったこともあったせいか、
ハングリーとよく目があったように思う。
途中、ステージセンター前に設置されていた台にも登ったハングリーはかなりのご機嫌の様子だった。

ちなみに前の方にいた連番者曰く、ハングリーのハングリーゾーンが見えたようです。

後方でスペースもかなりあったことから前後左右自由に動けた。
ミスモンの最初のチョコチョコ歩きも存分に出来た。
ハングリーが客を煽れば、私も後ろを振り返ってバンギャを煽ってみた。
若干冷めた目で見られもしたが、
数名はそれに答えてくれた。
ありがとう。

近くに女性の外人さんがいたので何度となく交流してみたけども、
鼻で笑われるレベルで終わってしまった。

レディマドンナ。
この曲はないかなと思っていたけども、
数名のヲタはちゃんと扇子を用意していた。
これにはバンギャたちも感心してた。
ポジション的に、ハンアンが投げる扇子はゲット出来ないので最初っから諦めていたが、アングリーが投げた扇子をキャッチした辺りが騒がしい。
ヲタ同士で扇子争奪の殴り合いでも起きてるのかと思ってみたら…
まさかの身内が扇子の奪い合いをしていた。
途端に恥ずかしさを覚え、近くにいるヲタに知り合いだと思われたくなかったので他人のフリをすることを決意した。

ラストのピースになった途端、後方のバンギャたちがガヤガヤし始める。
後ろを向いて、ピースだよ、ピースと伝えるとテンションが上がっていた。

恵比寿のときよりも、ヲタのヘドバンが激しくみえた。
みんな、本番のヘドバンを垣間見て、スキルがアップしているようだった。

この曲はさすがにけっこうな数のバンギャたちもノッてくれていたのが嬉しかった。
ハンアンも嬉しかったのか、ご機嫌だったように思う。
最初はかなりのアウェーゆえに、色々と白い目で見られるんじゃないかな?とか、圧縮凄そうだなと思っていたけども、んなことはまったくない。
前日発表でヲタを思ったより少かったけど、んげぇ、楽しいライブだった。
行って正解だった。
急遽仕事を切り上げて関西から駆けつけた身内がいるのだが、彼女も損はなかったはずだ。

ハンアンが終わった途端にクラクラした。
起きてからマックのポテト少々しか食べていなかったし、
ずっと動き回ってたし、ハンアン前にヘドバンし過ぎたし…。

外に出たら目がチカチカしてきた。
すでに首痛いし横っ腹も痛いし、
クラクラするんだけど、
ライブが楽し過ぎたお陰でテンションだだ上がり。

今回の規模のライブはまた是非にやって欲しいな。
3、4曲でもいい。
わがまま言わないから、是非に。
もちろん、秋のドリムスコンも楽しみなのだけど、
年内にあと一回くらいはハンアンライブに参加したい。
ハングリーに会いたい。

でも、八月はもういいよ。
次に会うのはドリムスで!
先週も恵比寿でそう言ってみんなと別れたのに、
まさかの翌週再会。
それでも今日の別れ際の合言葉も、
「次回はドリムスで!」

もう八月は、唐揚げの会は4714
たぶんね…。
一年ぶりくらいの更新ですが
(HANGRY ; comments(0) ; trackbacks(0))
いやぁ、楽しかった。
HANGRY&ANGRY-fのライブ。
ドリムスとはまた違った良さがある。
スタンディング…あっ、アンさん風に言うならばスタンドはマジ良いよね。
アンさんはスイッチがたくさんあると言っていたが、
私にもたくさんのスイッチがある。
同じ盛り上がるでもハンアンのスイッチが入ると尋常ではないパワーが出てくる。
特に昼はすげえ場所だったから、
何がなんだかわかんなくなるくらいに盛り上がった。
夜は夜で段差のある場所の真ん中。
全体が見渡せて、会場みんなの盛り上がりを含めて楽しめた。

ちなに私がライブ中に後ろを見て盛り上がってしまうのは、みんなに「楽しいよな!」と、共感したいからなのだ。
周りの方々の足を踏んでしまったり、
頭を殴ってしまったりと迷惑かけてしまうのは大変に申し訳ない気持ちでいっぱいなのだが、

私は楽しすぎると心の底からはしゃいでしまうのだ。

ライブ後、夜のみ握手に参加した。
ハンアンに言いたいことは、感謝の言葉だけだ。

タオルをほっかむりしたままハングリーに、
「すごい良い運動になった。ありがとう、楽しかったよ」
と伝えたら、ハングリーが吹き出しなかがら指さして、
「すごい盛り上がってくれてたよね」
と言ってくれた。

嬉しかったな。
無邪気に楽しんでいる姿を見ていてくれたことが。
みんなと共感したかった「楽しいよな?」を、
ハングリーとも共感出来た気分だ。
幸せだ。

ハングリーの言葉に驚き過ぎて、
残念ながらアングリーにはフニャフニャしながら握手することしか出来なかったけども。

でも、去年のライブより、
なんか更にアングリーのことが好きになった。
表情がいい。
楽しんでいる表情が。
トップシークレットのカクカクアングリーが最高に好きだったけど、
ライブで盛り上がるアングリーも大好きだ。

今、足が痛い。
肘にも夜公演の場所にあったテーブルでぶつけたアザがある。
腕も痛い。
だけど、心地よい疲労感で満たされている。

次にハンアンに会えるのはいつだろうか?
吉澤ひとみもいいが、
HANGRYにもっと会いたいな、と願ってしまうのです。
演者とヲタの助け合い的な空間
(HANGRY ; comments(0) ; trackbacks(0))
ってなことで気を取り直してもう一度やり直すぞ!
あとは、投稿ボタンを押すところで終わりだったのに、全部消えた。

昨日の吉祥寺のかぶき宴に行ってきた。
モバイルのほうで当選し、同じくモバイルと葉書で当選したimongryさんら総勢6名での参列。

月窓寺について、驚いた。
だって、松風にまたがった慶次像があるんだもの。
私は、慶次が好き。モバイルの申し込みのときに「慶次が大好きです」と書いたくらいに。
ウソではない。
モバイルのだって、最初500円たけぇーなぁーて思ったけど、
傾奇小判貰えるってのだけで、戸惑うことなく会員になれたくらいだもの。
ただ、私は漫画から慶次に入ったのではなくパチンコ経由なのは目を瞑ってもらおう。

境内は撮影禁止とのこと。
撮りたかったけど、そこは梨華ちゃんのブログにいい角度で撮った画像があるので、それで我慢するとする。
ヲタの集団はセンター前方に多かったと思う。
我々はちょい端っこのほうへ。
私の隣は明らかに一般の女性。(のちに三味線兄弟ヲタだと知る)
前は5,60代の夫婦。
さらにその前は、杖をつかれた老夫婦。
お、この場所はヲタ的にもアウェイなのか?

そうこうしているうちに、司会者登場。
司会者の人、どっかの噺家さんのようでしたが滑舌があまりよくなかったように思う。
最初に登場した太夫が京都の「輪違屋」ってとこの人だったようだけども、私ずっと「間違い屋」だと思ってたくらいに。
とまあ、上に書いたとおりに最初に太夫の登場。
曹洞宗のお寺に遊女登場ですよ。見事なコラボレーションじゃありませんか。
道元禅師も、座禅やめて立ち上がっちゃうよ?
もう、これだけでテンションだだ上がりでした。

けど、これが思ったよりダラダラな感じに。
滑舌よろしくない司会の説明が悪いのか、思ったより早く太夫が歩きすぎたのか、
太夫がはけた後も、司会者の説明が続き、
女将が登場してまた説明が始まるのだが、今度はステージの準備が間に合わなくて、
「間違い屋」のシステム的なことまで話すハメに。これにはちょいと笑えた。
けど、この段取りの悪さもなぜかアットホームな空気をかもし出していて和めた。
太夫の芸(最初の盃を見せるのはイマイチ良く分からなかったが)が終わって、
次は舞妓haaaaan!!!の舞。

この流れからどうやってハンアンくるのか、ヲタもだちもワクテカしてると、
(密かにangry太夫の練り歩きに傘持ちhangryを期待したYO)
そこに慶次主体のVTRが流れる。まあ内容は「バンチをシクヨロ!」的なものでしたが、
「今日は傾奇者たちが遊びに来てくれたぞ」みたいなフリが。
そしてステージには 「hangry&angry f」と書かれた黒幕を持った黒子が登場。
(途中で下手側の黒子が段取り間違えてハケるというハプニングがあったが、この頃から段取りの悪さもこの宴のひとつの演目だと思えるようになっていた)

BGMが流れ出して、ついに我等がhangry&angry登場。
着物を羽織ってるーーーー
パンクとゴスロリの2人の遊女ーーーー
扇子で顔を隠してる辺り、ジャポニズム敬愛する外人が喜びそうだね!

(そういや、ダンどこだ?)

「それでも僕は〜」
扇子で顔を隠してまま歌いだすハングリー。
だが、ここでふと気がついた。
当たり前だがここは月窓寺というアウェイでのステージ。
観客は着席。
でも曲はレディマドンナ。
「パーリスパリス〜♪をどう乗り切る?」

ハンアンの二人がサビ前で着物を後方に投げて、本格モードに。
ヲタもそれに乗り遅れてはいけない。
ゆけぇぇぇーーーー!!!

だが、お互いに微妙に素だったように思う。
あちらはあちらで、観客の中から自分らのホームとなるヲタを探しているようだった。
こちらはこちらで、着席のまま、どのようにコヤツラを盛り上げてあげようか模索中。

ゆえに、いつもよりもレス返しが親切で丁寧なハンアンと、
いつもよりも、動きが不自由ながら上半身だけで必死に応援するヲタ

という奇妙な光景を目の当たりにすることが出来ました。
パーリスパリスも扇子持ってる人はチラホラ、
持ってない人は手だけで頑張る。
その頑張りに対して優しげにレスを返すハンアン。

まさにアットホームな空気でした。
目の前のご夫婦はハンアン登場のときに一瞬驚き、耳打ちしていたが途中からは手拍子をしてくれていた。
その前の老夫婦は微動だにせず。
ヲタは上半身で頑張る。
月窓寺には穏やかな陽が降り注ぐ。
ライブ会場で見るよりも、爽やかな笑顔のハングリーに、
ツンデレとは無縁な可愛らしい表情のアングリー。
扇子の変わりにテニスラケット持っていても、あの会場ならあまり違和感なかったかも。
屋外って環境が良かった。

最後に出演者がステージに勢揃いしたが、
このときは、ハアンアンは完全に吉澤ひとみと石川梨華だったように思う。
自分たちの出番を終えてずいぶんと時間が経ってるのだもの。
格好だけハンアンだけども、もう完全に素。
サンロードのお偉いさんや、バンチ編集長の挨拶に対しての拍手とか、お辞儀とかに、
キャラ設定も何も言ってられないものね。
でも、何となく「君たちのヲタは盛り上げ上手なんだぞ」と知らせたくて、
某うぇんさんと共に「よ!サンロード!!!」とか「バンチ最高!」とか掛け声してたら、
アングリーさんが「盛り上げありがとうね」的な笑みをくれたように思う。
おう、ワシら今後もアウェイでも頑張るけん!
という気持ちにさせてくれました。

最後の挨拶も終わり、出演者がはけるとき。
またしてもこの宴の演目のひとつである「段取りの悪さ」を披露することに。
ダラダラと退場するから、一番最後のハンアンもどうしていいのか分からず状態で、苦笑い。
前が詰っているから進めないし、でも客席に背中向けるのもどうなのか?というプロ意識もあってなのか、
二人で客席側をむいて、小さく両手を挙げてヲタを軽く(控え気味に)盛り上げる。
ヲタもアウェイを承知なので小さめに盛り上げて拍手。

もう何?この徹底したアットホーム感。
ヲタを微妙にコントロール出来るハンアンもだけども、
人数が少なかったせいか空気を読み取るヲタ力の技は見事だった。

数人ほど、空気悪くするような人とかいるかなぁと思ったが、
珍しいほどに、ヲタとハンアンの連携が上手に取れていたと思う。

あー、何かもっと書きたいことあったように思うのだけども、
その後に催された「ヲタもだち宴」の内容がある意味でひどすぎたので忘れてもうた。

でも楽しかった。
ライブ会場でのハンアンも楽しいけども、ああいうアウェイでのハンアンってのもいいね。
時々素を見せてくれるから。
ライブの時はかっこいいと思うことも今回は、
ヲタの立場がやや優位だったこともあったからか、「カワイイなこいつら」と思うことが多かった。

来年もやってくんないかなーこの宴。
そん時はアングリー太夫と傘持ちハングリーは必須。
で、吉澤ひとみ画伯によるペイントイベントでしょ。
あとは、石川梨華with石ヲタによるタップダンス。
そん時はよっすぃと吉ヲタは太鼓どんどこ叩くから。
で、その様子をダンがイエローキャメラで撮影をすると。
宴終わりはみんなで飲みに行って、imongryさんはメンチカツ買いに走るという未来図を
勝手に描くのも、これまた楽しい。

そうなのだ。
やっぱヲタやってるからには、想像という力も借りて色々と楽しむのも
ひとつの手じゃないか。

「ここにいるぜぇ!」で、もしも梨華ちゃんがナースの格好をしていたら、
私は今頃、こんなブログもしていなかっただろうし、
愉快な想像力を持ち合わせてもいなかったし、
何より、5時間も居酒屋でくだらない話をすることもなかっただろうけども、
ひとつのきっかけが生み出したことが、昨日の宴を楽しむこととなったのは間違いないのである。

ありがとう。


誰に向けての感謝か分からないけども、(つんく♂氏なのだろうか?)、
とにかく、梨華ちゃんがナース服を着たらという想像力の集大成が、
今の私が「ここにいるぜぇ!」に繋がるのである。

「グ」と「を」の間に住みたい
(HANGRY ; comments(2) ; trackbacks(0))
日が経ってしまうと、勢いが衰えつつありますが…


続きを読む >>
ハングリーの「○○力」とヲタの対応
(HANGRY ; comments(0) ; trackbacks(0))
土日は名古屋へ行ってきた。
仕事の調整には正直苦労させられたが、行ってよかった。
疲れは倍増してるだろうけども、満足のいく遠征だった。


続きを読む >>