RECOMMEND

ENTRY
LINKS
OTHERS

デンジマン

戦いの海は 牙でこげ
かなしみの海は 愛でこげ
小さな命を 守るため
愛と勇気の 炎を燃やす
スポンサーサイト
(- ; - ; -)

一定期間更新がないため広告を表示しています

いっちぃ〜のつぶやきには不足の点が多すぎる。だが、それがいい。
(いしよし ; comments(2) ; trackbacks(0))


先日のよっすぃが出演したミリオン家族の放送前。
石川さんのマネージャーこと、いっちぃ〜がツイッターで以下のような告知をしていた。

まもなく19:30〜吉澤ひとみ出演「ミリオン家族 夏休みSP」オンエアです。隠れているところの写メを見せてもらいましたが、なかなか大変そうでした。結果はいかに!? #yoshizawahitomi

これを見たときに、吉ヲタである私が思ったことについて、
今回は検証…いや、妄想科学してみたいと思います。


・いっちぃ〜、わざわざよっすぃの告知まで…ありがたいな
これは大半の吉ヲタが思ったことでしょう。吉のマネージャーさんはツイッターをしていないで、ヲタは日々不憫な思いをしているのです。

・大変そうなとこに隠れたんだぁ〜どこだろ?
写メがどんなものだったのかを想像する。
そこに写るよっすぃは、汗をかいてるのかな?
だとしたら、その空間の湿度って何パーセントだ?
ってか、その空間で除湿機かけたら溜まる水のほとんどは吉汗なのか?
その溜まった水の匂いを(ry
などなど、想像はどんどん膨らみます。

・ちょっと待て。その写メは隠れている時に吉が撮ったものなのか、またはマネージャーさんなどスタッフが撮ったものなのか?
いっちぃ〜は「隠れているところの写メ」という表現をしている。
どちらにも撮れるのだが、撮った人間がどちらかによって次の展開がかなり変わってくるのだ。
今回の妄想科学、一番のテーマはここにあります。
「吉が撮ったのか?吉マネが撮ったのか?」

では、吉が自分で撮った写メをいっちぃ〜に見せたヴァージョンで想像していきましょう。


「吉澤ひとみはどういうシチュエーションで写メを見せるのか?」

想像 Щ務所で会ったときパターン
「こないだロケでさぁ、すんげぇ汗まみれになっちゃって、ほらみてよ、これ」
みたいな、日常会話的なものとしての写メ披露。
とくに違和感もない感じがしますが、吉澤ひとみという人物の性格を考えると、何となくあまり現実的でもないような気もします。

想像◆Ъ造魯蹈姥紊法⊆魅瓩鯀っている
これもノリは上とおんなじ。「大変だったよほ…」的なノリでね。
よっすぃは、思ったよりもいっちぃ〜とフレンドリーな仲なのかもしれない。


では、次にマネージャーさんが撮影した写メをいっちぃ〜が見たヴァージョンに参りましょう。

「いっちぃはどういうシチュエーションで写メを見たのか?」

想像:事務所で吉マネと会ったときパターン
「あれ、○○さん焼けてますね」的な日常会話を始めたいっちぃ〜に対し、「この前のロケでねー」的な猛暑トークから、「吉澤さんはどこに隠れたんですか?」的な流れの「こんな感じ」と写メ披露。
もちろん、流れに違いはあるだろうが、何となく一番可能性が高いように思う。

想像ぁД瓠璽襪覗って貰ったパターン
流れとかはほぼ、上と一緒。吉マネといっちぃ〜の仲の良さまでは探る必要はありませんが、同僚でしょうから色々と報告したりすることはあるでしょう。

次は、誰が見せたという問題は一旦、置いといて…
写メを見せるのに理由があったのではないかという想像をしてみる。
ただ、この想像はオンエアーを見てから膨らんだものである。

想像ァУマネがいっちぃ〜に写メを見せたのは「○○が写っていたから」
YUKIがパパパパパフィーで言ったあの名言「先輩ハミでーす」のように、何かがハミ出ていた決定的瞬間を抑えた写真なのかもしれない。
「何か」については、各々で楽しむのが醍醐味です。
ちなみに私は「白い何か」だったらいいなぁと想像してみます。

想像ΑУマネがいっちぃ〜に写メを見せたのは「あの原因を説明するため」
こっからは、少々嫌な想像になりますが。オンエアーを見て思ったのは、「この姿勢って膝とか腰痛めそうだな」ということ。
もちろん、ずっとあのドラム缶の中に隠れていた訳ではないだろう。安全面を考えると、鬼が近くにやってくると現場にいたスタッフが指示を出しドラム缶に入るという流れだったとは思うが、それでも長いときには2,30分入っていたかもしれない。
もちろん、彼女の腰痛の原因は分からない。想像でしかないのだが…、まあ、負担はそれなりにあったように思う。
あー、ヤダヤダ。こういうマイナスな想像は本来はしたくないのだ。ので、これじゃないことを願いたい。

とまあ、写メは誰が取ったのか、誰が見せたのか?で色んな想像が出来るのですが、、、
私、ここに来て、何か大事なことを忘れていたことに気付いた。









想像АЮ仞醉華がいっちぃ〜に写メを見せていた



しくった。このパターンを忘れてた。
ベランダで日焼けする様子をよっすぃに写メする、この女の存在をすっかり忘れていた。
日常の様子を撮影し送る。
送られた相手は、「今日の自分の様子」を返信するかもしれない。
その場合、吉自身が撮ったものだろうと、マネージャーさんが撮ったものだろうと中身は関係ない。状況報告としての写メとしての存在なのだ。

「いっちぃ〜見て、これ。よっすぃ〜がね、昨日ねぇ〜」的な。
「いっちぃ〜見て、これ。よっすぃ〜すんごい汗かいてるの」的な。
「いっちぃ〜見て、これ。よっすぃ〜のパンツがはみ出(ry」的な。

どれかは分からん。
想像だ想像。
うん、違う妄想。
もしかしたら、梨華ちゃんのiphoneのデスクトップの写真をうっかり見てしまっただけなのかもしれない。
正確には「見せてもらった」ではなく「見てしまった」と呟きたかったのかもしれない。


もし、梨華ちゃんから見せられた写メだったとしよう。
次に抱く疑問は「なぜ(why?)梨華ちゃんはいっちぃ〜に写メを見せたのか?」

なのですが、もう時間も時間で、しかも私まだ仕事中なので、
気が向いたら次回に続きを書くとします。

でもこれは妄想科学なので、各々でその科学を楽しんでみて下さい。

技師だな
(いしよし ; comments(0) ; trackbacks(0))
技師いしよし
歌ドキッ見る前に、アップされてた画像を先に見てしまった。
肩に手回してるやつを。

だから、映像で見たときに、違和感を感じた。
よっすぃが、右手にマイクを持ってたから。


で、歌の方は見入ってしまい、いつマイクを持ち換えたのか、まったく気付かなかった。

二回目の試写。
また、気づけなかった。

三回目、あら?まさかこのタイミングか?

四回目、すげぇ、
カメラが切り替わるその瞬間に、
よっすぃは、マイクを持ち換えてた。
さりげなく。
でも、なんのために?
だからそれは…


技師だね、よっすぃって。
お好み焼きひっくり返すの、上手いんじゃね?

って、思った。
タイミングが絶妙すぎる。


あんま、関係ないか。
いや、関係あるか?

その答えは、梨華ちゃんのみが知ってるのかもしれない。


パムさんの新作読んだら、続きが気になってしょうがない。
『家出女〜』はもう、10回以上は読み直したくらい、
私はあの作品が大好きだ。いつでも読めるように、iPodに入れっぱなしにしてるもの。


続きが楽しみじゃのう〜
石川梨華を見ているだけで…
(いしよし ; comments(2) ; trackbacks(0))
水着LADY

「水着LADYを見ているだけでゴルフが上手くなる不思議なビデオ」というのがある。
見ているだけでいいんだって。
チェルシっていう金髪姉ちゃんが、意味もなく水着でゴルフをする。
それを見る→腕が上がる。

洋服を着ている人を見るよりも、姿勢、筋肉の連携アクションが理解しやすいといのが
ポイントらしい。
また、ゴルフのために開発された「ゴルフ体操」というものも収録されているとのこと。

実際にこのビデオを見たことがある人の話しによれば、
水着だから、頭の中で映像が鮮明に思い出されるらしい。
服を着てないから、筋肉の連携が…ってなことではなくて、いやらしい意味で思い出しやすい。
水着の姉ちゃんの、あのときのケツはこんな動きだったなぁって、
どっかのおっさんがプレーする映像よりも鮮明に思い出せるとのことだ。

なるほどな!と思った。
そして、先日のラジかるを思い出した。

(0´〜`)<梨華ちゃんが結構もう完成型に入ってたので、もう完コピですね

さすがに、水着ではなかっただろうけども、
梨華ちゃんを見てれば、不思議と上手くなっていったのだ。
いや、もしかしたら水着だったかもしれない。
梨華ちゃんのことだもん。
サービス精神に溢れた人だよ?まさか、バニー?

さゆが暴露してたじゃんか。
吉澤さんが楽屋「愛すクリ〜ムとMyプリン」をよく踊ってると。
水着じゃなくても、あの衣装だもの。
脳裏に焼きつかれてしまったのでしょう。
誰かが悪いんじゃない。
つまりは、人間は単純だということ。
エロ目線とかいっちゃいけない。


でもまあ、確かに興味あるものをずっと見てれば、頭ん中に「すっ」と入りやすいんだろうなぁ。
どっかの某うぇんさんなんて、一時期ずっとマルシア化してたもんね。
やっぱ、マルシアをそういう目で観てたんだね。
さすが、ストライクゾーンが広い人だ。
レギュラーは、ゆっくり打たないと吉澤まで回らない
(いしよし ; comments(1) ; trackbacks(0))
さて、仕事が早く終わった日は何をするか?
もう、お分かりですね。
娘。スロットを打ちに行く。
今日は20時からなので、若干時間に余裕がある。
といっても、最初は台が空いてなかったので
同じく新台の「シーサー」を。
3千円でレギュラー。
で、50くらい回してビッグ。
あれ、びっくりするね。
沖スロとかもそうだけど、ほら、いきなり確定するから、
「ピロピロピロ」って鳴るたびにドキッとする。
ちなみに、私は、突然の音が苦手だ。
ゆえに、吉宗のビッグはあまり爺様を選ばなかった。
番長だって薫先生は、ほとんど選ばない。
更にどうでもいいが、学校の避難訓練も嫌いだった。
何時間目に行うってわかってても、突然鳴り出すベルの音が苦手なのだ。

話を戻して娘スロット。
シーサーのビッグ終わって、130くらい回したところで、
娘。の台が1つ空いた。
すぐに移動。
380くらいまわってたけど、
チェリーもスイカもちっとも入らない。
そろそろメダルが無くなるって時に、
「特訓開始」命令が下された。
前回、勘違いしてたけど、特訓には2パターンあったのね。
プールみたいなとこをジャンプするのと、
あと、ピコピコハンマーみたいなのを避けながらダッシュするやつ。
けども、よっちゃんはハンマーに叩かれそして飛ばされてしまう。
だがしかし、繋ぎ粉の役割はきちんと果たしてくれていて、
「モーニングモード」に突入。
チェリーが入る。
そして、梨華ちゃんが出撃。
チェリーだから、なめてかかってた。
絶対に入るわけないって。
最初に赤いビームで敵を攻撃。
ヒットするも、倒したわけでもない。
私は、その時に別のことを考えてた。
このアクションが終わったら、「モーニングモード」も終わっちゃうのかな?って。
先のことを考えてた。
だから、その次に行われるアクションとか、本当、適当に流してしまったんだ。
しかし、レバーを叩いたら




カットイン



………………。お、おお、おおおおーーーーーー!!!!!!!!!!
って、あまりにも普通にやってきたものだから、
その状況を理解するのに、時間がかかった。


任務完了

そんでもって、あっさりと、倒しちゃうもんだから、感動してる余裕もなかった。
だけど、とりあえず携帯で記念撮影。
なんだよ。
梨華ちゃんがやられてから助けに来るんじゃなかったのかよ?
お前、ちょっと来るの早くね?
ってな感想。
けど、嬉しい。
やられてもいないのに、フライングで「助けに来たよ!」だって。
ってか、このパターンはどうやらやられる前に来ちゃうようだね。
いいね、フライングよっすぃ。
最高に素敵だなって思った。

今日は、その後にも、梨華&よっすぃが見れた。
梨華ちゃんアクションの時のカットインがよっすぃのみなのかと思ってたら、
隣の人は矢口が助けに来てたので、そうでもないようだ。
だから、余計に嬉しかった。
というか、カットインよっすぃを撮影するには
常に携帯をスタンバイしておかないと厳しいことを知った。
今度からは、梨華ちゃん登場したらとりあえず、携帯をスタンバイしようと思う。

結果は、4千円勝ち。
金額的には微妙だけど、念願のカットイン、しかも
「いしよし」パターンで2回も見れたから満足だ。
ただ、いまだ実現出来てないこともある。

なっちアクションで勝つことなんてあるのだろうか??
隣に居たお姉さんは舞台ヲタだったのか吉ヲタだったのか…
(いしよし ; comments(0) ; trackbacks(0))
何日君再来

何日君再来、観劇してまいりました。
感想とかは、後日また改めて。
一つ言いたいのは、愛ある舞台だったなぁということ。
愛情に包まれていた舞台だった。
内容もそうなんだけど、それよりも、
代役を務めることになった吉澤ひとみに対しての愛情。
観客も演者も、彼女を愛情で包んでいた。
そのことに凄い感動を覚えたし、その場にいれたことをとても嬉しく思う。

昨日の名無しOAさんのブログに、舞台についての記述があった。
私はそれにものすごく共感した。
石ヲタである彼女が、よっすぃの舞台を楽しみにしている。
同じだ。
吉ヲタの私は、梨華ちゃんの舞台を観たくて仕方がない。
今日、初日を見て、更にその思いは強まった。
早く、梨華ちゃん演じる美華が見たい。
舞台そのものを観る楽しさではなく、
梨華ちゃん演じる美華を観たら、同期の彼女と勝負しているであろう、
「モーニング娘。を卒業した吉澤ひとみ」を楽しむことが出来そうだから。

かつて、梨華ちゃんとよっすぃがこういう形になるってこと、ありそうでなかったように思う。
過去のミュージカルにおいても。
フランツと大臣とでは、同じステージにいても
勝負できる間柄ではなかったと思う。
そもそも演じる役が違うし、求められる存在の在り方も違った。
けど、今回は違う。
同じ役だ。
演じる側の個性に違いはあれど、演じる対象が同じ。
稽古期間とかは、どうでもいい。いや、どうでもよくないのか?
とにかく、梨華ちゃんと同じフィールドで勝負できることが、私は嬉しくてたまらない。
互いにどのように刺激しあうのか、またそれが何を生み出してくれるのか、

以下、パンフレットからよっすぃのコメントを抜粋。
(隠してないのでネタバレ嫌な方は回避願います)






これまでのお仕事では、梨華ちゃんとは対照的な役をやることが多かったんです。
梨華ちゃんが女の子役で、私が相手の男の子役、というように。
それが今回は初めて同じ役なので、どうなるんだろう?
と自分が一番楽しみです(笑)。



いや、違う。
よっすぃ、それは違うよ。
私の方がもっと楽しみにしてる。
だから、楽しませてくれ。

数年前、梨華ちゃんがマシューに出演したときに、
ぼやいてしまったことを思い出した。
ひがみ吉ヲタだった頃ね。
「どーせ」的な発言してた頃ね。
あの頃の自分に言ってやりたい。
お前は未来を知らないな、ケケケケケと。(当たり前だが)

ということで、いつ梨華ちゃんの回を観に行こうか。
日比谷図書館に本借りに行くついでに観るという手はあるかもしれない。
が、とりあえずよっすぃの初日を観たので、
よっすぃ千秋楽の大阪は行くつもりだ。

(0´〜`)<ワタシハ、サイシュウビ

その翌日に大阪で観るという手もあるな。
いや、もっと早くに観たいかな。
どうしよう、どうしよう。(幼なじみ)

にしても、卒業してからもこんなにあわただしい日々を送ることになるとは。
ビバ吉ヲタだな。